習い事

こどもちゃれんじ《すてっぷ》の海外受講始めました。

こどもちゃれんじの海外受講って高いですよね。

日本でも《baby》から《ぷち》をやっていたことがあったのですが、理由の1つに受講費が安いということもありました。月々1500円ぐらいだったかな。

海外受講になると年間2倍以上の金額になるので、そこまでして続ける必要はないかなと思いタイに引っ越しするタイミングで辞めました。

で、今回また受講したいなぁと思う事があり、結局『こどもちゃれんじ《すてっぷ》』(年中さん向け)を申し込みました!!

《すてっぷ》の前の《ほっぷ》は受講していませんし、息子はこの4月から年少の年齢なので、年中向けの《すてっぷ》はまだ早いのですが、今回こどもちゃれんじ《すてっぷ》を受講した理由や、初回分が届いた感想を紹介したいと思います。

 

こどもちゃれんじの詳細はコチラ★

 

★こどもちゃれんじを受講しようと思った理由★

ひらがなを正しく書けるようにしたい

最近幼稚園で『書く』ことが増えてきたようで、自分で名前を書いたり、お友達に手紙を書きたがったり『書く』ことに興味が出てきた息子。

息子が自分なりにひらがなを書いている様子を見て、書き順がおかしすぎる!!変な書き順なのですごく書きにくそう!!と思いました。

変なクセをつけずに初めから正しい書き順を覚えた方が書きやすいし綺麗に書けるようになると思うので、ひらがなの練習をさせたいなと思っていたところ、こどもちゃれんじの教材が、まさに『ひらがなを正しく書く』事を目的とした内容になっていたので、興味を持ちました。

 

四季のイベントや日本の季節を教えたい

息子はインターの幼稚園に通っているので基本的に日本の四季のイベントや季節の事は学びません。週に1回日本語のクラスを選択しているので、そこで日本の歌やひらがなを覚えて帰ってくるのですが、そのクラスの先生に『日本の四季とその行事がわかっていないようです』と言われました。

例えば「鯉のぼり」は知っているけどそれが春で5月の「こどもの日」という行事だという事は知らない。みたいな。

(ちなみに「鯉のぼり」を覚えたのもこどもちゃれんじぷちのおかげ)

なので、年間を通じて日本の四季や季節のイベントの事が学べたらなぁという事から

ちゃれんじは毎月その季節に合った内容の本が送られてくるので日本の四季を教えるのにいいなと思いました。

 

しまじろうに馴染みがある

もしかしたらこれが一番重要かもしれませんが、babyから受講していたのでしまじろうに馴染みがありました。今でもテレビやDVDはたまに見ていて、またしまじろうやりたいなぁと息子が言っていました。しまじろう好きみたいです。

今までしまじろうを見たことがなかったり、息子がしまじろうに興味が無ければ、ちゃれんじではなく他の選択肢を選んでいたかも。。。

 

★こどもちゃれんじの受講を悩んだ理由★

これはもう受講料が高い!

それだけの理由です。

こどもちゃれんじ《すてっぷ》は日本だと月々2000円程度で12カ月一括払いで23328円。

これが海外受講になると月々4420円、12カ月一括払いで53040円。

同じ内容で倍以上高くなるし、月々4000円以上もかける内容なのかなと正直悩みました。

ひらがなも季節の事も、私が家で教えられないのか?!とも思ったんですが、教えるにしても何か教材があった方が教えやすいし、どの教材が良いかもわからないので、ちゃれんじに頼ることにしました。

内容を見たところ、《すてっぷ》は割としっかりと作りこまれていて、エデュトイもなかなか充実しているように思えたので、高い受講費にも少し納得できた気がします。

 

海外受講ではなく、日本と同じように契約をして実家に届けて、それを親に定期的に送ってもらうことも考えたのですが、親に手間をかけるのも悪いし、送料や関税などを考えるとあまり変わらない気もしたので、海外受講にしました。

 

★海外受講申し込み方法★

こどもちゃれんじの海外受講はベネッセと契約するのではなく、販売会社である日販アイ・ビー・エス(株)もしくは(株)OCSとの契約になります。

海外受講専用のHPがあるので、そこから申し込みをします。

こどもちゃれんじ海外受講のHPはコチラ★★

 

注意点は、海外受講の場合、月払いではなく一括払いのみとなります。

例えば4月号から受講の場合、3月号までの12回分を一括で支払うことになります。

受講費は国や受講コースによって変わるのでHPの受講費一覧を見てください。

※こどもちゃれんじ《baby》や《English》は海外受講できないのでご注意ください。

 

 

★4月、5月号が届きました★

始めるなら4月号からが良かったので(4月号はだいたい教材が豪華)、先週申し込んだところ、さっそく4月号と立て続けに5月号が届きました!(もう5月号の発送のタイミングだったようです)

DHLで発送されるので、追跡もできていつ届くかもわかって安心でした。

◎本とDVD◎

まずはその月の本とDVD。

生き物、季節の事、生活習慣(あいさつやマナー)について毎月書かれてあり、途中でシールを貼ったりするワークが出てきて楽しく読めます。

DVDもその月の本やおもちゃの内容に連動していてよくつくられているなと思います。

ちなみに4月の生き物は【だんごむし】でした。

だんごむしの足は14本あるって知ってました?私は今日まで知らなかったです。。。

生き物について結構詳しく書いてあり、大人でも「へー!」と思う事も。(私だけかな?)

 

◎キッズワーク◎

キッズワークは今のところ楽しく遊びながら文字が学べる内容です。

 

迷路をしながら隠れているひらがなをなぞるワーク。

 

ひらがなの練習やシールを貼って遊ぶワーク。

 

◎エデュトイ◎

正直このエデュトイが欲しくて受講したと言ってもいいぐらい欲しかった『ひらがななぞりん』

ゲームや遊びを通じてひらがなを正しく書く練習ができる機械です。

今までちゃれんじのおもちゃですごいなと思った事はないのですが(失礼)、これはよくできているなと思いました。

息子もすっかりハマって毎日遊んでいます。

 

 

月によってエデュトイの豪華さが全然ちがうのがちゃれんじの特徴!(笑)

4月号は電池式のあんなり立派なおもちゃだったのに、5月号は紙のパズルでした。

それはそれで息子は気に入って遊んでいますが・・・

 

◎母向け雑誌◎

この年齢の子どもは、こんな傾向があるよ。こういう風に接してみよう。と親へのアドバイスが書かれてある本。

けっこう参考になります。

 

◎《すてっぷ》年間の教材◎

《すてっぷ》の年間の内容は以下の4つのテーマに基づいて考えられています。

【文字】書く力から伝える力へ

【数・図形・時計】手を動かしながら考える力を育む

【好奇心】生き物の観察を通して好奇心を育む

【社会性】人の役に立つ体験で自信を育む

ひらがななぞりんに始まり、その後結構電池式のしっかり作られたエデュトイが多いなあという印象です。

生き物博士になれるエデュトイや時計のエデュトイも楽しみです。

 

こどもちゃれんじは子供の学年によって受講コースが分けられているのですが、今回は敢えて1つ上の学年のコースを選びました。

うちは5月生まれなので言うてる間に1つ上の年齢になるという事もありますし、学びたい内容が1つ上のコースだったからです。

ちょっと早いかなと思う内容もあるかもしれませんが、学年にこだわらずその子の成長や興味に合わせて選んでもいいのかなと思います。

 

★まとめ★

今のところの感想は、息子の食いつきがスゴイ!という事と、結構内容が盛りだくさんでやる事が多いな!という事です。

でもやる事が決まっているので、教える私もやりやすい。

最近幼稚園から帰ってきたらテレビばっかり見ていたので、これで少しは有意義な時間を過ごせるといいなと思います。

と言っても下の子が邪魔しまくってなかなかゆっくり見てあげられないのが現状なのですが・・・

 

まだ始めたばかりなので、とりあえず1年続けてみてまた感想レビューしたいと思います。